安いEMS腹筋ベルトのおすすめ!デメリットや注意点は?

EMS腹筋ベルトを試してみたい!

でも、比較的高価な商品が多いく購入をためらってしまう方も多いのではないでしょうか・・??

そこで、本記事では安いEMS腹筋ベルトに特化し、まとめるとともに、安さゆえの「デメリット」や「注意点」についてまとめました。

安いEMS腹筋ベルトのデメリットや注意点

安いEMS腹筋ベルトの具体的にデメリット!

大きく分けると、

  • 安いEMSの多くが電池式であること
  • 口コミがあてにならず品質のリスクがあること
  • 健康上のリスク

これら3つが挙げられます。それぞれについて具体的に見ていきます。

電池式

日本製でも海外製でも、主要メーカーのEMS腹筋ベルトの多くは「充電式」です。

しかし、安いEMS腹筋ベルトは電池式のものが主流です。

 

そして電池式の最大のデメリットと言えるのが、電池残量によって出力の強さが変わることです。

残量が少ない場合は刺激が弱くなってしまい、効果が弱まるという点が電池式の最大の弱点といえます。

アマゾン口コミがステマ

安いEMS腹筋ベルトは中国製のものが大多数です。中国製のEMS腹筋ベルトの多くは、通常は家電量販店では扱いがありません。

なので、アマゾンなどの通販サイトで購入することになるでしょう。

 

特にアマゾンにおいて、口コミ数が非常に多く評価も高い商品が目立ちませんか???ただ、この口コミや評価が信頼できるものかどうかは注意する必要があります。

というのも、日本語で書かれている口コミであっても、翻訳サイトを使ったような不自然な日本語であったり、レビューが短期間に集中していたりと、ステマを疑われるようなものが少なくありません。

 

口コミや評価を見て判断するときには、きちんとご自身の目で確認し、その真偽を慎重に判断する必要があります。

中国製のリスク

上述のとおり、安いEMS腹筋ベルトは中国製のものが多く、実際に粗悪品であるケースも少なくありません。

購入後「すぐに動かなくなったり」そもそも「購入時点から動作不良であったり」というレビューも見受けられます。

健康上のリスク

安いEMS腹筋ベルトは、逆に出力が強すぎたり、ジェルシートの品質が悪く接触面積が小さくなったりすることで、皮膚のやけどや水ぶくれなどのリスクがあります。

ジェルシートの品質

EMS腹筋ベルトはジェルシートが必要になります。

安価なEMS腹筋ベルトのジェルシートは、主要メーカーのジェルシートと比較すると

  • 身体側の粘着力が強すぎる
  • 身体に張り付き剥がしにくい
  • 臭いがある
  • 劣化が早い

など、品質に劣る点があります。

ジェルシートは直接肌にふれるものなので、安いEMS腹筋ベルトを使用する場合、ジェルシートの品質については留意する必要があるでしょう。

激安EMS腹筋ベルトのおすすめ

安いEMS腹筋ベルトは一定程度リスクがあります。そうはいっても、安価であることはメリットであるため、リスクが許容できるのであれば購入してみてもよいかと思います。

ここでは激安EMS腹筋ベルトの中で、一応はおすすめできそうな商品をまとめました。

NASIGURE

NASIGUREのEMS腹筋ベルトは、激安EMS腹筋の中では、なかなか良い商品といえます。

アマゾンでの口コミも不自然なものがなく、評価も偏りがないことから、参考にすることができそうです。

商品はUSB充電式で、製品は海外製ですがジェルシートは日本製のものを使用しているため、比較的リスクは少ないといえるでしょう。

EMSIC

EMSICのEMS腹筋ベルトは、安価な部類の中では「やや高価な部類」に入るといえますが、その分リスクは低い商品といえます。

こちらの商品もアマゾンでの口コミも不自然なものがなく、評価も偏りがないことから、参考にすることができそうです。

商品はUSB充電式で、腹筋ベルトのサイズが大きいことからトレーニング効果はある程度望めそうです。

また、腹筋ベルトだけでなく腕部ベルトもついてくるため、効率的にトレーニングすることができます。

Ecivan

EcivanのEMS腹筋ベルトは腹巻タイプの商品となっています。

そのため、他の製品に比べるとフィット感があり、腹直筋だけでなく腹斜筋にも効かせることができる商品となっています。

こちらの商品についてもアマゾンでの口コミも不自然なものがなく、評価も偏りがないことから、参考にすることができそうです。

ただし、日本語での取扱説明書が付属していない点には留意する必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です